血液検査の種類と精度

検査を英語ではinspection又はexaminationと言います。

検査にも様々あり、検便、検尿、血液検査、MRI、エックス線など病気や部位により検査方法が変わります。

これら臨床検査とは、診療目的で行われる患者、傷病の状態を評価するための検査です。

臨床検査により患者が傷病である確率を測定しますが、傷病である人が検査で陽性と出る確率を感度と言い、 疑っている傷病でない人が検査で陰性と出る確率は特異度と言います。

検体検査には、一般検査と呼ばれ、尿、糞便などの検体を採取したり、胃液・十二指腸液、喀痰、脳脊髄液、及び穿刺液などがあります。

血液検査では、細胞成分や、血漿成分についての検査し、生化学検査では血清などを化学的に分析します。

最近では、血液の検査キットなどがあり便利になっています。

免疫血清検査では、血清中の抗体や補体など調べる検査があり、細菌検査などでは微生物に治療に有効な抗生物質を調べます。

病理検査は、人体組織の顕微鏡観察標本を作製して病気の原因や良悪性を組織細胞学的調べます。

生理機能検査とは、心電図検査・呼吸機能検査・超音波検査・脳波検査・神経伝導検査などを指します。

循環機能検査とは、血圧の検査や脈波の検査も循環機能検査になり、心臓の働きは血圧や脈拍にも影響を与えます。

呼吸機能検査は、呼吸のときの呼気量と吸気量を測定し、呼吸の能力を調べます。

筋電図検査は、神経や筋肉の機能を調べる検査で、針電極を用いて筋肉の状態を調べる針筋電図検査と、電気刺激を用いて神経系を調べる誘発筋電図検査とがあります。

おもに感覚障害や運動障害、その他、勝手に手足が動いてしまう不随意運動を監査します。